TOP大会概要インフォメーション会場・観覧席協賛・リンクおなはま海遊祭いわきおどり注意事項  


大 会 名

いわき花火大会
開 催 日
2018年年8月4日(土)19:00~20:30
主  催
いわき花火大会実行委員会
大会テーマ
港に咲く、百花繚乱(ひゃっかりょうらん)。
花火の打上数
約12.000発
プレイベント・前夜祭
おなはま海遊祭
 日時:
 2018年7月28日(土)10:00~16:00
 2018年7月29日(日)10:00~16:00
 場所:アクアマリンパーク
 (小名浜港1・2号埠頭間および海域)
 内容:体験乗船
 キッズボート・バナナボート・ジェットスキー、
 ジェットスキーアクロバットショー、ステージショー、他
いわきおどり小名浜大会
 日時:2018年8月3日(金)
 開会式18:15~ おどり開始18:30~
 場所:県道 小名浜・平線(鹿島街道)
 小名浜支所交差点~八間道路交差点
 内容:アトラクション17:10~
 開会式18:15~ おどりスタート18:30~
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
 



 
  
 
  海の安全祈願祭で打上げられた花火
   いわき花火大会のはじまりとなったのは、昭和29年に開催された第1回磐城市港まつりだと言われてます。この年、当時の小名浜町・江名町・泉町・渡辺村が合併して磐城市となり、その誕生を記念して港まつりが開催されました。
 まつりの内容は海の安全祈願祭や陸上パレードなどで、中でもパレードは年々華やかになり、自衛隊の音楽隊パレードや航空自衛隊によるジェット機飛来などが行なわれた年もあったそうです。当時は皇太子・妃殿下がご成婚なれて間もない頃で、お二人が出席された全国放魚祭も行なわれました。
 港まつりの中で、海の安全祈願祭などで花火が打上げられました。この当時は、総予算50万円という規模のものでしたが、これをきっかけに、その後少しずつ形を変えながら、現在のような花火大会へと受け継がれてきたのです。
 
  小名浜の名を広めた全国花火競技大会
   港まつりと同時に始まった花火大会が、全国花火競技大会として開催されるようになったのは昭和38年の頃です。その2年前、それまで本宮町で開催されていた競技大会が、その年で中止となったため、磐城市で開催してはどうかという提案を受けました。当時の磐城市長や市議などが本宮町の花火大会を視察し、内容や受け入れ体制、打上げ花火の手順などをその目で確かめ、実現に向けて準備に入りました。その翌年、関東東北花火大会が小名浜で開催されました。
 さらに翌年の昭和38年、記念すべき第1回全国花火競技大会が開催されたのです。大会は3部構成で、7寸5発コンクール、尺玉コンクール、仕掛花火コンクールの部に分かれていました。全国から花火師が集まり、その腕を競いました。
 
  花火と音楽をシンクロさせた創作花火
   こうして本格的に始まった小名浜の全国花火競技大会は、第1回から第3回までは当時の小名浜海水浴場で開催、その後、三崎公園で第6回まで開催しました。第7回以降は小名浜港沖防波堤にて開催されています。
 競技花火が中心だった花火大会ですが、平成9年頃になると、尺玉に加え、全国に先駆けて花火と音楽をシンクロさせた創作花火がメインとなりました。音楽に合わせて次々と夜空に花が咲き、港の夜をより華麗に彩る様子が訪れた観客を魅了します。この年から大会名も全国花火競技大会から『小名浜ミュウ花火大会』となり、平成16年からは『いわき小名浜港花火大会』、そして平成22年から現在の『いわき花火大会』となりました。
 
  市民の手による真夏の夜の風物詩
   いわきの夏を彩る、いわき花火大会は、行政主体ではなく、市民が実行委員会を組織し、協賛企業を募って準備を進めています。全国的に見ても、市民が主催する大規模な花火大会は珍しいようです。
 現在のプログラムは、創作花火、市民花火で構成されています。
 市民花火とは、家族や友人同士など個人・団体を問わず、慶事の記念や宣伝など思い思いのメッセージを込めて日本伝統の尺玉などの大玉を打上げる花火です。
 実行委員会をはじめ、「花火が大好き」という人々の熱い気持ちが、夏の夜の美しく大きな花を咲かせているのです。


   
     
  
         

     
Name of Conpetition             
  Iwaki fireworks    
       
Event date      
Saturday,Aug.4th,2018      
       
Sponsorship      
Iwaki Fireworks Conpetition Excutive Committee      
     
Conpetition Theme      
Blooming in the harbor,a hundred flowers rumors.      
     
Fireworks launch count  
  Approximately 12,000    
         
Highlights of Iwaki Fireworks      
  Creative starmaine,which synchronized powerful music and fireworks with artistic traditional Japanese fireworks and sound quality,will attract all the people who visited the venue.Fireworks can be watched extensively,but please enjoy the Iwaki Fireworks at the paid attendance of the main venue by all means,like watching the show at the theater.  
         
Pre Event / Eve      
  Onahama Kaiyusai      
   Date and time : July 28th,2018(Sat.) 10:00-16:00 July 29th(Sun.) 10:00-16:00  
   Location : Aqua,arine Park(between Onahama Port NO.1 and NO.2 pier and Sea Area)  
   Description : Experience boarding(kids bost,banana boat,jet ski),jet ski acrobat show,stge show ,others.  
     
Iwaki odori Onahama Tournament  
 Date and time : August 3rd,2018(Fri.) Opening Ceremony 18:15~  Dtarting dance 18:30~  
   Place : Nissan Satio Intersection between Onahama Honcho Street  
 Contents : Attraction 17:10~ , Opening Ceremony 18:15~ , Dance Start 18:30~  
 




  Fireworks launched at the sea safety prayer festival
  It is said that the beginning of Iwaki fireworks display was the 1st Iwaki Port Festival held in 1954.During this year,Onahama Town,Ena Town,Izumi Town,Watanabe Village merged and became Iwaki City,and the port festival was held in commemoration of its birth.
The contents of the festival are sea safty prayers festivals and athletic parades,among others,the parade grew year by year,there were also years when the SDF's music corps parade and the jet flight by the Air Self Defence Force were carried out.Around the time when Princess Crown Princess was married at that time,a nationwalking festival where two people were present was also held.In the Port festival,fireworks were launched at the sea safty prayer festival.At that time,the total budget was 500,000 yen,which was used as a trigger to change the shape little by little,it was handed down to the fireworks display like the present.
 
  Nationwide Fireworks Competition Games spreading Onahama's name
  Fireworks festival which began at the same time as the port festival came to be held as a nationwide fireworks display competition around 1960.Two years ago,the competiton convention which had been held in Motomiya town until that time was canceled in that year,so we received a proposal to hold in Iwaki City.The Mayor of Iwaki and the city council of the time inspected the fireworks display in Motomiya town,checked the contents the acceptance system,the proceduce of the fireworks ect with thier eyes and entered the preparation for the realization.In addition,the first nationwide fireworks festival to commemorate was held in 1963 of the following year.In the competiton,it was divided into the 5 fireworks of 83.5 inches contest,the 119.3 inches contest fireworks,the part of the work in progress fireworks competiton.Fireworks gathered from all over the country and competed for that technique.
 
  Creative fireworks that synchronized music and fireworks
  Onahama's nationwide fireworks festival,which began in earnest in this way,was held at Onahama Beach at the time from the 1st to the 3rd,and then held at the Misaki Park until the 6th.From the 7th round onwards,it is held at Onahama port offshore breakwater.Fireworks competition centering on competitive fireworks,but in 1997,in addition to the 119.3 inches ball,creative fireworks synched with fireworks and music agead of the whole cuntry became main.Fireworks bloom one by one according to the appearance that the harbor night is more brilliantly colored attracts visiters.From this year the name of the convention also became "Onahama myu fireworks"from the National Games,"Iwaki Onahama Port Fireworks display"in 2004,and now "Iwaki fireworks display"from 2008.
 
  Midsummer night feast by Citizen's hand
  The Iwaki fireworks display which colorize the summer of Iwaki,is organizaed by the citizens,not the administrative entity,preparing for a sponsorship company to prepare for the sponsors.The current program consists of creative fireworks and civic fireworks.Citizen fireworks are fireworks that launches large traditonal Japanese balls such as 119.3 inches,with a message of thougt,including celebration memorials and publicity,regardless of individuals or groups such as family members and friends.The enthusiastic feelings of the people who say "I love fireworks",including the executive committee,are beautifully big flowers of the summer night.
   
 
   
TOP大会概要インフォメーション会場・観覧席協賛・リンクおなはま海遊祭いわきおどり注意事項


いわき花火大会実行委員会
〒971-8101 福島県いわき市小名浜本町11-1 まちづくりステーション小名浜内
TEL■0246-53-5677  FAX■0246-52-1415
copyright c 2018 IWAKIHABNABI all rights reserved.