TOP大会概要インフォメーション会場・観覧席協賛・リンクおなはま海遊祭いわきおどり注意事項  
 


勿来・四倉地区を始まりに、小名浜・泉地区、いわき駅前の市内各地で開催されるいわきの夏の一大イベント。
いわき市市制施行15周年を記念し、昭和56年に制作・制定。“市民の誰もが気軽に歌い・踊れる市民共通のおどり”として定着している。
自慢の衣装に身を包み、街が熱気に湧く中、「どんわっせ」の掛け声と共に踊り流す。市民の和(輪)を広げ「自らも楽しみ、見る人も楽しむ」祭りとして盛大に行われる。

『いわき市 観光情報サイト』より引用

いわきおどり小名浜大会 参加申込みについて

ここをクリック!して申込書をプリントアウトし、必要事項をご記入の上、いわき花火大会実行委員会までファックスをお願いいたします。


 
●いわきおどり小名浜大会
 日時:2018年8月3日(金) 
 開会式18:15~ おどり開始18:30~
 場所:県道 小名浜・平線(鹿島街道)
 日産サティオ交差点~小名浜本町通り間
 内容:アトラクション17:10~ 開会式18:15~ おどりスタート18:30~




●いわきおどり歌詞
一、いわき七浜 太平洋を 抱(いだ)く姿は 日本一

二、北は仙台 南は東京 関の勿来(なこそ)に 舞う桜

三、みなと小名浜 三崎の空に あがる花火は 意気の良さ

四、湯本ちょいと出りゃ パノラマライン 月の丸山 湯の煙り

五、赤井嶽(あかいだけ)から 夏井の渓谷(たに)へ 呼べば若さが こだまする

六、雲よ見えるか いわきの平 燃えるつつじは 松ヶ岡

七、泣くも笑うも 幾年月の 愛の燈台 塩屋埼

八、姿優しく 浄土が池に 映す 白水阿弥陀堂

九、つづく砂浜 黒松林 おらが自慢の 新舞子

十、別れ惜しんだ 御斉所(ごさいしょ)峠 暮れて河鹿(かじか)の しのび泣き

十一、両手合わせて 波立(はったち)薬師 沖に希望の 陽(ひ)が昇る

十二、揃う手振りに 笑顔を添えて いわき人の和 踊りの和



※上記は2017年のスケジュールになります。
The above is the schedule of 2017.





Nakoso/Yotsukura district beginning,the summer big event to be held in Onahama/Izumi area,in front of Iwaki station everywhere in the city of Iwaki.
Commemorating the 15th anniversary of the enforcement of Iwaki City Municipal Government,it was produced and enacted in 1960.
While dressed in a pride of costume,as the town gets hot,dance with a donkey of "Donwasse !"
Expanding the citizen's harmony(rings),it will be held grandly as a festival "enjoying and enjoying the viewers themselves"festival.
●Date and time
Date and Time : Aug. 3,2018(Fri.) Start at 6:30pm
TOP大会概要インフォメーション会場・観覧席協賛・リンクおなはま海遊祭いわきおどり注意事項


いわき花火大会実行委員会
〒971-8101 福島県いわき市小名浜本町11-1 まちづくりステーション小名浜内
TEL■0246-53-5677  FAX■0246-52-1415
copyright c 2018 IWAKIHABNABI all rights reserved.